名刺

名刺作成時に気をつけたい3つのこと

名刺を見せている人

名刺はビジネスシーンはもちろんのこと、プライベートでも自分の自己紹介のツールになる大切なもの。しかし、その際には気をつけなければならないことがあります。【1.名刺内の情報量を考える】名刺は長方形です。その中に自身や会社の情報を記述しておくのですが、その情報量に気をつけなければなりません。例えば名前と企業名だけだと次に繋がりませんし、かといって入れたいだけ情報を詰め込むと、非常に見辛くなってしまい結果として不親切な名刺が出来てしまいます。そのため、情報量をどのくらいにするのかをしっかりと考えておく必要があります。
【2.サイズを極端にしない】名刺の基本的なサイズは縦55mm、横91mmの長方形です。もちろんオリジナルの名刺を作成した場合、小さい・大きい名刺を作ることも出来るでしょうし、丸い形の名刺作成も可能でしょう。しかし、名刺入れは基本的に標準サイズを元にして作られています。貰った相手の保管方法についても考えなければ失礼になってしまいます。
【3.余白は残す】1の項目と似ている部分がありますが、情報を入れる際に詰めて記述してしまう方がいます。しかしそれでは読みにくくなってしまい、貰った側が不快な思いをしてしまう可能性もあります。そのため名刺作成時には適度な余白を残しておくことで、スッキリとした印象を相手に与えることが出来、配置された文字が印象に残りやすくなるのです。

ネットで作成可能なママ名刺

名刺というとビジネスマンには必須のツールというイメージでしたが、最近では各方面で名刺が使われるようになってきています。その中でも特に話題になっているのが、「ママ名刺」です。ママは子供が公園デビューしたり、保育園・幼稚園に通いだすと、一気にママ友コミュニティーが増大します。人の名前と顔を覚えるのは大変で、苦手という人も多いと思います。そして、新しいママ友やそのお子さんの顔と名前が一致しないという状況になりがちです。
そんな時、自分の名前とお子さんの名前が記載されたママ名刺はとっても便利。名刺に子供のアレルギー情報などを記載しておけば、保育士も対応しやすくなります。最近では、インターネットを通じてママ名刺を作成することができます。ママ名刺専用のコーナーが設けられていることも多く、簡単な手順をこなすだけで作成が可能です。気になるお値段も、25枚で800円前後ととってもリーズナブル。ビジネスマンのように毎日頻繁に配るわけではないので、数量もそれほど必要ではありません。
ネット上で、複数あるママ名刺用のテンプレートから好みのデザインを選択し、名刺上に記載するテキストを入力することで、作成することが出来ます。お子さんと一緒に撮った写真をアップロードすることで、写真入の名刺に仕上げることも可能です。ママ名刺は便利なので、今後どんどん普及していくアイテムかも知れませんね。

WEBで名刺作成をするメリット

名刺を作成する時は印刷会社に依頼するのが主流でしたが、ネットの発達によりWEBで作成する事が出来る時代になっています。最近では名刺をWEBで作成する人も増えてきていますが、どのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。
・早く作成する事が出来る印刷会社に依頼して名刺を作成する時は電話やFAXなどでやり取りしなければいけないので手間がかかってしまう事もよくあります。それにより名刺が完成するまで時間がかかってしまいますが、WEBで名刺を作成する時はネット上で手続きをする事になるので電話やFAXなどでやり取りする時間を省く事が出来ます。それにより早く名刺を作成する事が出来ます。
・コストを削減する事が出来る印刷会社に依頼して名刺を作成する時は修正や校正の費用がかかってしまいますが、WEBで名刺を作成すればパソコンで編集する事が出来るので修正や校正の費用を抑える事が出来ます。コストを削減する事が出来るのもWEBで名刺を作成するメリットになります。
・手軽の操作する事が出来るWEBで名刺を作成する時はIT知識が必要というイメージがありますが、ネット環境が整っていれば誰でも手軽に操作する事が出来るようになっているので安心して名刺を作成する事が出来ます。


名刺ならこちらからつくりましょう。名刺はあなたを知ってもらうことができる重要なツールです。きちんとあなたという存在を表現できるような名刺をぜひお選びください。